03-5615-2440
受付時間:
平日10:00~19:00

審判離婚

  1. MYパートナーズ法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 審判離婚

審判離婚

審判離婚とは、裁判所が夫婦間の離婚について結論を出し、離婚を成立させる方法です。

一般的に、離婚に向けて手続きを行う場合、まずは協議離婚を検討しますが、夫婦の話し合いで離婚について合意に至らないときには離婚調停に進むことになります。(日本では「調停前置主義」という方式が採用されており、協議離婚からいきなり裁判離婚をすることはありません。必ず、裁判の前に調停離婚を試みます。)

しかし、調停離婚において、夫婦間のわずかな意見の食い違いで最終的な合意に至らないようなケースもあり、このようなケースでは裁判所が職権で離婚を認める審判「離婚審判」を下します。夫婦の意見に大きな溝がある場合には「調停不成立」となりますが、夫婦の意見にわずかな差しかない場合には、そのわずかな差について裁判所が職権で決定を下し、「審判離婚」を一度は検討させるのです。

このように審判離婚では裁判所が決定を下し、夫婦双方が合意することで離婚が成立しますが、裁判所の決定に夫婦双方が応じるケースは少ないため、実際に審判離婚が成立するケースはあまりありません。

MYパートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、夫婦の生活費や養育費など婚姻生活を維持するために必要な費用のことをいいます。 夫婦が稼...

  • 慰謝料のまとめ

    慰謝料のまとめ

    慰謝料の特徴をまとめると、以下のようになります。 ・慰謝料の請求に決まった方法はありません。口頭でも...

  • 面会交流権

    面会交流権

    ■面会交流権 面会交流権とは、離婚により子どもと別居した側の親に認められた、子どもに直接会う権利だと、...

  • 慰謝料請求するには証拠が必要

    慰謝料請求するには証拠が必要

    慰謝料請求するには証拠が必要です。 ■不法行為に基づく損害賠償請求権 慰謝料を請求する法的な根拠は、...

  • 親権について調停が行われるのはどのような場合?

    親権について調停が行わ...

    離婚届けには、親権者の氏名を記入しなければなりません。つまり、親権者の決定は離婚の前提条件となるのです...

  • 親権が争点になる場合の調停の流れ

    親権が争点になる場合の...

    ■調停の申立て 親権を調停で争う場合、家庭裁判所への申立てを行います。申立てが受理されたら、最初の調停...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    婚姻期間中に築いた自宅や預貯金などの財産がある場合、離婚するまでに夫婦間で財産分与を話し合っておく必要...

  • 放棄した慰謝料の請求権

    放棄した慰謝料の請求権

    放棄した慰謝料を請求することはできるのでしょうか? ■慰謝料の放棄とは 慰謝料の請求権を放棄すること...

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分とは法律の定めによって相続人が相続できる最低限の割合のことです。遺言書を作成すれば法定相続人以外...

ページトップへ