03-5615-2440
受付時間:
平日10:00~19:00

親権が争点になる場合の調停の流れ

  1. MYパートナーズ法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 親権が争点になる場合の調停の流れ

親権が争点になる場合の調停の流れ

■調停の申立て
親権を調停で争う場合、家庭裁判所への申立てを行います。申立てが受理されたら、最初の調停期日の連絡が申立人に送付されます。相手方には、期日の連絡のほか、申立書の写しが送付され、それに対する答弁書を提出するように促されます。

期日に家庭裁判所に行けない場合、期日変更の申請を行うこともできます。無断欠席は調停委員の心証に響くだけでなく、5万円以下の罰金を科せられることがあるため、気を付けましょう。

■調停の進行
調停当日の服装は私服で構いませんが、派手なものや露出の多いものは避け、清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。

調停は、家事裁判官(または家事調停官)と2人以上の家事調停委員による調停委員会によって行われます。各調停期日の開始時には、原則として夫婦が同席して進行について説明を受けます。説明が終わると、夫婦の一方は待合室に移動します。このようにして、交互に一人ずつの言い分を聞いていきます。最後は、再び夫婦同席で説明を受けます。2回目以降も、同様の方法によって進行していきます。

調停は、1カ月~1か月半に1回のペースで進んでいきます。

最終的に合意に至ったら、調停はそこで終了となります。合意に至らず、不成立に終わった場合は、訴訟か審判による決着を目指すことになります。

MYパートナーズ法律事務所では、荒川区を中心に一都三県で、離婚手続き、熟年離婚、慰謝料・養育費請求、住宅ローンの分担など、様々な離婚問題全般についてご相談を承っております。離婚についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

MYパートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 養育費はいつまで支払うのか

    養育費はいつまで支払うのか

    ■養育費の支払い義務 養育費の支払いは、未成年の子どもを持つ親の義務とされています。 離婚が成立してい...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は絶対に相続を承認して故人の権利義務を承継しなければいけないわけではなく、相続を放棄することもで...

  • 不倫相手への慰謝料請求

    不倫相手への慰謝料請求

    不倫相手に対しても、条件を満たせば慰謝料を請求することができます。 ■不法行為の要件 慰謝料請求をす...

  • 財産分与の対象となるのは?

    財産分与の対象となるのは?

    離婚に伴う財産分与の対象となるのは、「婚姻期間中にその協力によって得た財産」(=共有財産)です(民法7...

  • 離婚裁判にかかる費用

    離婚裁判にかかる費用

    離婚裁判を提起するにあたっては、訴える内容によってかかる費用が異なります。 ここでは、その費用がどのく...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    婚姻期間中に築いた自宅や預貯金などの財産がある場合、離婚するまでに夫婦間で財産分与を話し合っておく必要...

  • 財産分与の税金

    財産分与の税金

    財産分与を行う際、金銭で支払われる場合は、支払う側にも受け取る側にも原則として税金は課されません。しか...

  • 遺言書の効力とは

    遺言書の効力とは

    まず、遺言書とは、故人の最後の意思表示であり、そこには、残された家族へのメッセージや、財産の分与等につ...

  •  親権者の親が再婚した場合

    親権者の親が再婚した場合

    ■親権者の親が再婚した場合 未成年の子どもを持つ夫婦が離婚すると、一方の親が親権者とならなければなりま...

ページトップへ