03-5615-2440
受付時間:
平日10:00~19:00

父親が親権を取るには

  1. MYパートナーズ法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 父親が親権を取るには

父親が親権を取るには

■父親は親権争いで不利?
親権者の決定で最も重要なのは、「どちらを親権者にするのが子供の利益につながるのか」という視点です。

例えば子供が幼少のうちは、身の回りの世話を細やかに行う能力が親権者に要求されます。したがって、母親が親権を勝ち取ることが多いという傾向があります。

子供に一定の判断力・思考力がついてくると、子供が納得して今後の生活に移っていくことが重視されます。したがって、子供の意思が尊重され、子供が希望した親が親権者になることが多いです。

ここでは、父親が親権者をとるための方法をご説明します。

■親権者になりやすい要素
親権者を決める要素としては、生活態度や健康状態、経済的・精神的な家庭環境、監護能力、監護意欲、住居の状態や教育環境、愛情の度合い、親族の協力の有無などがあげられます。

つまり、調停においては、これらの要素を考慮した主張を行う必要があります。

例えば妻が専業主婦であった場合には、子供の世話を行うのは妻の仕事になってしまうでしょう。このような場合であっても、育児実績を見せ、これから子育てを行っても問題ないことを示すことが重要です。反対に、経済的な面での優位を主張することはできるでしょうし、住居・親族関係などの主張も可能かもしれません。

また、母親側に家庭内暴力や虐待などの落ち度があれば、母親の親権取得は絶望的になります。証拠を準備し、証言していきましょう。

このように、父親が親権をとるには、育児実績を見せたり、自分の方が有利になる要素が何なのかを吟味し、説得的な主張を行ったりすることが大切になります。

MYパートナーズ法律事務所では、荒川区を中心に一都三県で、離婚手続き、熟年離婚、慰謝料・養育費請求、住宅ローンの分担など、様々な離婚問題全般についてご相談を承っております。離婚についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

MYパートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 遺言書(作成・執行)

    遺言書(作成・執行)

    遺言は民法の定めた方式に従わなければ無効となります(民法960条)。共同ではなく一人で行うのが原則です...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    監護権とは、子供の住む場所を指定し、身の回りの世話や教育、しつけを行う権利です。この監護権と財産管理権...

  • 不貞行為(不倫・浮気)の慰謝料完全ガイド

    不貞行為(不倫・浮気)...

    配偶者が浮気や不倫をした場合の慰謝料は、相場としてどの程度のものになるかご説明いたします。 浮気や不...

  • 遺言書にはどのくらい効力があるか

    遺言書にはどのくらい効...

    ■遺言書にはどのような効力があるか 遺言書とは被相続人が、死後自分の財産をどのように分配するかを記し...

  • 父母の扶養義務と養育費

    父母の扶養義務と養育費

    ■父母の扶養義務 未成年の子供を持つ父母には、子供を扶養する義務があります。 扶養とは、自力で生活でき...

  • 財産分与の税金

    財産分与の税金

    財産分与を行う際、金銭で支払われる場合は、支払う側にも受け取る側にも原則として税金は課されません。しか...

  • 調停で親権を獲得するためのポイント

    調停で親権を獲得するた...

    ■子供の年齢と親権者の傾向 親権者の決定は、子供の利益を最大限考えたうえで行われます。一般的な傾向とし...

  • 離婚裁判にかかる期間と流れ

    離婚裁判にかかる期間と流れ

    離婚裁判とは、訴訟、すなわち、裁判によって夫婦の婚姻関係を終了することをいいます。 離婚それ自体には...

  • 婚姻費用分担請求

    婚姻費用分担請求

    婚姻費用とは、夫婦の生活費や養育費など婚姻生活を維持するために必要な費用のことをいいます。 夫婦が稼...

ページトップへ