03-5615-2440
受付時間:
平日10:00~19:00

相手が慰謝料の支払いを拒む場合

  1. MYパートナーズ法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 相手が慰謝料の支払いを拒む場合

相手が慰謝料の支払いを拒む場合

相手が慰謝料の支払いを拒む場合、対応方法はケースバイケースです。

■強制執行
強制執行とは、強制的に相手の財産を差押え、その差押えた財産から強制的に慰謝料などを支払わせることをいいます。

■差押えの対象
差押えの対象となるのは、例えば、給料などの金銭債権、マンションや土地などの不動産、相手の車や家財道具などの動産です。

■強制執行に必要な書類
強制執行は、相手の財産を強制的に奪う点で非常に強力ですから、何の根拠もなしに実行することはできません。

強制執行は、債務名義に基づいて行わなければなりません。
債務名義とは、強制執行が行うことが許可された債権について、その当事者や債権額などが記載されている公文書のことをいいます。

協議によって、慰謝料の支払いが決まった場合には、強制執行認諾約款が付与された公正証書が、強制執行に必要です。裁判離婚の場合には、確定判決書が必要となります。

MYパートナーズ法律事務所は、東京都荒川区、足立区、文京区、松戸市、葛飾区を中心に一都三県などで離婚に関する問題の法律相談を承っております。
「財産開示させたい」、「持ち家を手放したくない」、「離婚の財産分与のとき、住宅ローンの残りはどうなるの」など、さまざまなお悩み・ご要望にお応えしておりますので、離婚についてお困りの際は、当事務所にお気軽にご相談ください。

MYパートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚とお金は密接な関係にあります。 ■慰謝料 不倫や浮気、DVなどで相手から苦痛を受けた場合、精神的...

  • 親権が争点になる場合の調停の流れ

    親権が争点になる場合の...

    ■調停の申立て 親権を調停で争う場合、家庭裁判所への申立てを行います。申立てが受理されたら、最初の調停...

  •  親権者の親が再婚した場合

    親権者の親が再婚した場合

    ■親権者の親が再婚した場合 未成年の子どもを持つ夫婦が離婚すると、一方の親が親権者とならなければなりま...

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

    遺留分侵害額請求(遺留...

    「遺留分減殺請求」は、民法改正により、「遺留分侵害額請求」と名前を変えました。 そこで、これまでの遺留...

  • 慰謝料請求には時効がある

    慰謝料請求には時効がある

    慰謝料請求には時効があります。 ■時効 慰謝料請求は民法709条の不法行為に基づく損害賠償請求権を行...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類と手続き

    離婚には、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚などの種類があり、それぞれ手続き方法やかかる費用が異な...

  • 調停離婚

    調停離婚

    協議離婚が成立しなかった場合、訴訟を提起する前に、家庭裁判所へ離婚の調停をすることになります。この調停...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    離婚をするにあたって、子供について決めておくべきことは大きく3点あります。①両親のどちらが親権者になる...

  • 財産分与を有利に進めるポイント

    財産分与を有利に進める...

    財産分与を有利に進めるためのポイントとしては、以下のようなものがあります。 ①共有財産の把握 まず、...

ページトップへ