03-5615-2440
受付時間:
平日10:00~19:00

不倫・浮気してしまった側でも親権者になれる

  1. MYパートナーズ法律事務所 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 不倫・浮気してしまった側でも親権者になれる

不倫・浮気してしまった側でも親権者になれる

■不倫・浮気は親権取得に不利?
離婚原因のなかには、浮気や不倫なども少なくありません。これらは社会的な非難の対象となりますし、調停に進んだ場合に不利な要素にもなります。したがって、慰謝料の請求などの点ではかなり不利になってしまうでしょう。

ただし、親権者の決定において最も重視されるのは、「子供の利益」です。浮気や不倫が発覚し、離婚原因になったとしても、自分が親権者になることの利点を十分に主張・説得できれば、親権をとることは十分可能です。

ここでは、こうした場合に親権をとる方法をご説明します。

■親権をとるには
調停において親権をとるには、調停委員や家事裁判官に「自分が親権者になることによる、子供へのメリット」を十分に伝えきることが重要です。

親権者の判断要素には、本人の生活態度や健康状態、経済的・精神的な家庭環境、監護能力、監護意欲、住居の状態や教育環境、子供に対する愛情の度合い、親族の協力の有無などがあげられます。

親権取得のためには、浮気や不倫に対しては反省の態度を示したうえ、上記の要素について有効な主張を展開することが大切になります。

自分が親権者になると、相手が親権者になる場合と比べてどの要素がどれだけよいのか、客観的な根拠をもとに、説得的に主張していきましょう。

MYパートナーズ法律事務所では、荒川区を中心に一都三県で、離婚手続き、熟年離婚、慰謝料・養育費請求、住宅ローンの分担など、様々な離婚問題全般についてご相談を承っております。離婚についてお悩みの際はお気軽に当事務所までご相談下さい。

MYパートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 財産分与はいつまで請求できるのか

    財産分与はいつまで請求...

    離婚が成立してしばらく経つと、金銭関係の手続き漏れやミスが気になってくるものです。「年金分割をし忘れた...

  • 慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料(不貞行為など)

    結婚相手の不貞行為や浮気、DVなどをされた場合、相手やその不倫した人に対して、精神的な苦痛を負ったとし...

  •  親権者の親が再婚した場合

    親権者の親が再婚した場合

    ■親権者の親が再婚した場合 未成年の子どもを持つ夫婦が離婚すると、一方の親が親権者とならなければなりま...

  • 子供の養育費

    子供の養育費

    ■養育費とは 養育費とは、未成年の子どもの生活費や学費など、日常生活に必要な費用です。 養育費を負担す...

  • 相手が慰謝料の支払いを拒む場合

    相手が慰謝料の支払いを...

    相手が慰謝料の支払いを拒む場合、対応方法はケースバイケースです。 ■強制執行 強制執行とは、強制的に...

  • 知っておきたい!相続法の改正のポイント

    知っておきたい!相続法...

    40年以上にわたって大幅な改正が行われていなかった民法の相続法分野ですが、近年の少子高齢化や相続の複雑...

  • 養育費のまとめ

    養育費のまとめ

    ■養育費のまとめ ・養育費は、子どもの生活費や学費などにかかる費用。 ・養育費の負担は、離婚や子ども...

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)

    遺留分侵害額請求(遺留...

    「遺留分減殺請求」は、民法改正により、「遺留分侵害額請求」と名前を変えました。 そこで、これまでの遺留...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    ■離婚後の氏と戸籍 結婚で苗字が同じになるということを知らない人はいないでしょうが、離婚後の氏と戸籍に...

ページトップへ